過去の情報

2018.5.22
ある大学の講義を聴講する機会がありました。それまでの講義内容(おそらくは基礎的な内容)を土台として,先端的な研究をわかりやすく講述するという内容で,非常に感銘を受けました。

2018.5.18
放射線の再教育訓練に行きました。その後,出身研究室の同窓会がありました。友(と言ってはいけない先輩や先生もいらっしゃいますが)というのは良いものだと,改めて感じました。学生時代に戻ったかのようで,とても楽しい時間でした。
そして,写真のような記念品まで頂きました!どこに飾るか思案しています。有難うございました!
IMG_0796

IMG_0799

2018.5.17
京都大学の生存圏研究所iCeMSというハードなスケジュールでしたが,有益な議論ができました。

2018.5.3
大学の構内で筍が沢山取れる時期になりました!今が旬のようですね。今日は山椒の苗を寄贈し植樹しました。早く大きくなるんだよ!筍と山椒のコラボが楽しみです。
IMG_0767
(ミミズさんのお休みのところを邪魔してしまってゴメンね!)

2018.4.30
世間はお休みモードです。これはチャンスとPRML(パターン認識と機械学習,ビショップ著)を読み込んでいます。これまで色々と疑問に感じていたことが体系的に書かれていて,非常に勉強になります。

2018.4.18

日本セラミックス協会関西支部の支部セミナーに参加してきました。協会賞受賞の先生方の興味深いお話を聞くことができ,非常に勉強になりました。
これとは別件ですが,滋賀大近隣に合宿形式の勉強会のできる施設(アーブしが)があることを知りました。何かに使えそうです。

2018.4.11
一回生向けの講義のガイダンスを行いました。フレッシュな一回生の姿を見て,自分が新1回生だった時のことを懐かしく思い出しました。
新入生の皆さんが,公私ともに充実した学生生活を送れることを応援します(新入生はこれを読まないだろうけど・・・)。

2018.4.5
タイ国ラジャマンガラ大学のビシュヌ・トングレク先生に来訪いただきました。タイの農業の現状とそれを解決する取り組みなどについて教えて頂きました。

IMG_0732

2018.4.2
昇任の辞令を頂きました。これまで以上に前向きに,そして楽しく仕事に取り組もうと思います。

2018.3.29
大学の構内の桜がまさに満開になっています。ものすごく綺麗で見頃です。そして下の写真は十月桜。秋にも咲いていて不思議に思っていたのですが,年に二回咲く桜だったようです。
IMG_0715

IMG_0718

2018.2.23
東京農工大の臼井先生の研究室を訪問し,メッキ技術に関して教えて頂きました。フォームメッキというコロンブスの卵のような技術に感銘を受けました。

2018.3.16
日教弘の教育振興事業に採択いただき,助成金授与式に出席してきました。この分野でいくつかアイディアがあり,是非とも達成しようと思っています。

2018.3.6
龍谷大学の奥田先生のお世話により,高知高専,京都大学の研究者らと共に微細気泡科学に関するシンポジウムを開催しました。卒研生の石橋君がナノ粒子合成に関する発表を行いました!
IMG_0610

IMG_0623

2018.3.2
ずっと気になっていた研究室の内装を自前でリフレッシュしました。ついでに溢れかえっていた図書も整理して2/3くらいにダイエットしました!全部ロッカーへ!
IMG_0597

2018.2.9
研究室の学会発表練習&新B3の新歓を行いました。発表練習を終えた皆さんお疲れ様でした。外部向けのプレゼンということで準備が難しいところもあったと思います。新歓は石山駅にて行いました。「楽しく学ぶ,楽しく研究する」をモットーに頑張って下さい!

2018.2.7
理研の卒論発表会&追いコンがありました。皆がとても立派に発表し,会場からはたくさんの質問もありました。非常に良い発表会でした。赴任した当初はゼミ生もいなかったため,自分にとっての一期生という特別な思いのある回生です。そんな皆さんが立派に成長した姿を見れたのは本当に嬉しかったです。そして将来,さらに成長してCST生として帰ってきてくれることを楽しみにしています。
また,ツイッターを使っての面白い企画もありました。賛否があったようですが,某テレビ局のようにリアルタイムで表示するなど,これからの可能性を感じました。

2018.1.20
CST講演会に出席し,ニホニウムを発見された理研の森本先生のお話を伺いました。核物理や放射光科学に関する非常に難しい内容をとてもわかりやすく説明して頂きました。少し遠い存在だったニホニウムに親近感がわきました。その後の懇親会では,発見秘話を教えて頂くことができ,非常に有意義な1日でした。
IMG_0503

2018.1.24
京都大学iCeMSのダニエル・パックウッド先生と研究討議を行いました。今後,色々と発展していきそうです。

2018.1.4
随分と放ったらかしにしていたエスプレッソメーカーを再起動し研究室に設置しました。どなたでも無料です。

2018.1.1
新年明けましておめでとうございます。去年は統計学関連で色々と発見がありました。色々と研究に使えそうです。
少し関連して,「理科の基礎」という講義準備のためにと思って購入した計測における誤差解析入門が非常に勉強になりました。これまで(恥ずかしながら)誤差と分散を”なんとなく”別々に考えていました(言い訳ですが,世間並みには理解していました!)。あんな定理やこんな定理が誤差解析に使えることがわかったのが大きな収穫です。
今年の一つの目標はR 言語のマスターです(もちろんそれを使っての研究も)。

2017.12.20
大阪府立大学の高橋雅英先生から,3Dプリンタを使って実験用の治具を作れるという情報をもらいました。非常に興味深く,情報処理センターでも使えたはずなので,やってみようと思っています。一例ですが,このようなイメージです。低価格のものでも大丈夫という話でした。

2017.12.18
研究室の中間発表を行いました。3月の発表に向けて,研究が進展すると期待しています。

2017.12.13
研究室の二期生の配属が決定しました。人数も増えたので,ゼミで活発な議論が行われることを期待しています。

2017.12.13
日本セラミックス協会関西支部の支部セミナーに参加してきました。色々と面白い話があったのですが,企業の方の研究開発裏話が聞けてとても面白かったです(普通は中々聞けません)

2017.12.12
ニューセラミックス懇話会のセミナーに参加してきました。材料研究に関する興味深い話がありました。

2017.12.7
東京大学にて開催されたThe 3rd International Seminar of Nano bubble Science Programに出席し,座長を務めてきました。会議の内容とは直接関係ないのですが,色々と刺激を受け,これまでの研究とは全く異なる研究をじっくりとやろうと思います。

2017.12.5
京都大学化学研究所の強磁場固体NMRを用いてセシウムの化学状態に関する構造解析を行いました(行なっています)。興味深い結果が出つつあり,まとめた内容を近いうちに報告できると思います。

2017.12.3
彦根市サイエンスプロジェクトの子ども科学教室の見学をしてきました。色々と考える点がありました。

2017.12.1
珪酸塩系の洗浄剤(放射性物質の除染)に関する特許が権利化されました。

2017.11.25
日本理科教育学会近畿支部大会の現地実行委員として運営に携わりました。また,参加者としても聴講し,色々と考える点がありました。

2017.11.20
京都市産業技術研究所にて,X線回折測定を行いました。先日も書きましたが,非常に短時間で低角から広角まで測定でき,隔世の感があります。

2017.10.29
10/14, 15, 29に科学の祭典・滋賀大会が開催されました。今年も多くの来場者があり充実した3日間となりました。来年も同時期に開催しますので,是非ともご参加下さい。
IMG_0207_Fotor
(ぼかし加工しています)

2017.10.16
先月,長年使っていたパソコンが突如壊れました。Win→Macに変えたせいで文字化け等が起きているようです。そのうちにMacで使える研究ツールのリンクを更新します。

2017.10.13
京都大学生存圏研究所にて,微細気泡の評価方法について少しアイディアがあるので確かめるために実験をしてきました。物品が足りずうまくいきませんでした。再チャレの予定です。

2017.10.2
後期の始まりです。初心を忘れず,学生さんのためになる講義や演習,指導をしようと心を新たにしました。

2017.9.29
京都市産業技術研究所へ共同研究のため訪問しました。昔は非常に大変な思いをして解析してきたXRDですが,今ではツール化されていて,とても簡単に解析できるということで驚き,かつ,大きな可能性を感じました(簡単に結果が出るということで注意しないといけませんが)。

2017.9.28
京大の原子炉実験所を訪問し,谷垣実先生とディスカッションしました。原子炉の中に試料を入れて取り出して分析するという想像を超えた話で驚きました。原子核に外部からγ線などを照射した後の応答を利用する摂動角相関法を用いると,いわばNMRのような解析ができるということで感銘を受けました。

2017.9.27
調べ物をしていてJ-Globalの名寄せ機能というものを発見しました。不十分ですが,便利そうです。

2017.9.22
ここに載せるのはあまりふさわしく無いかもしれませんが,私の出身研究室のプチ同窓会を行いました。皆さん偉くなっておられますが,集まると学生時代に戻った気分でとても懐かしく楽しい会でした。
IMG_0168

2017.9.21
今年も滋賀大付属の中学生が研究室を訪問してくれました。化学についての講義の後,ガラスを溶かす実習を行いました。色々なことに疑問を持ち続けてくれると嬉しいです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2017.9.20
タイの研究者Jikuさんのセミナーを受講しました。その後,京大の元理事の吉川先生に京料理をご馳走になりました!
53911

2017.9.15
高知高専の秦先生他と研究交流会を行いました。マイクロ・ナノバブルの高知県での利用や音波を使った計測技術についての講演を頂きました。音波顕微鏡なるものがあることを知り,感動しました(音波用のレンズがあるそうです)。
IMG_0147

2017.9.3
教員免許状講習を無事に終了しました。4週間のブランクがあったので心配していましたが,概ね予定通りに進行できました。日曜日にも関わらずご参加頂いた現職の先生方,お疲れ様でした。
日用品を用いた実験を行いましたが,きっと楽しんで頂けたと思います(私は楽しめました)。
講義資料(講義内容,実験内容,子どもたちの質問への回答)を公開します。何か質問等があれば,徳田までご連絡下さい。

マローブルー入りのゼリー(酸とアルカリの持ち運べる指示薬)
マローブルー入りのゼリー(酸とアルカリの持ち運べる指示薬)

2017.8.7
教員免許更新講習の講師を初めて行うということで気合いを入れて準備していましたが,暴風警報により敢えなく延期となりました。全く雨が降っておらず納得がいきませんが,ルールということなので仕方ありません。
そのため,今日に講義資料を公開する予定でしたが,9/3以降に延期しました。

2017.8.3-4
滋賀大学CST(コアサイエンスティーチャー)の研修会がありました。現職の先生方と話す機会に恵まれ,様々な情報交換をしました。
実験廃液の処理に困っているという話もありましたが,これについては少しアイディアがあります。興味のある方はご連絡下さい。

2017.8.1
前期のセミナーのまとめということで,ゼミ生が論文紹介しました。お手本(=先輩)がないのにも関わらず,うまくまとめてくれたと思います。今後に期待します。

2017.7.28
京都市工業試験所主催のセラミックス関連基礎講座にてガラスの基礎に関する講義を行いました。準備するにあたり再勉強をし,自分自身の勉強にもなりました。
R0013363

2017.7.11
アルミのホウ酸塩ガラスに希土類イオンをドープしたときの構造変化について調べた研究内容が論文掲載されました。蛍光体の創成につながる研究結果が得られました。

2017.6.16
高知高専の秦先生のご尽力で開催されたファインバブルセミナーにて発表と討議を行ってきました。今後につながる非常に有意義なディスカッションができました。
(写真をまた撮り忘れました)

2017.6.8
自己紹介をアップしました。

2017.6.1
今年も「科学の祭典滋賀大会」が10/14(土),15(日)に彦根にて,10/29(日)に大津にて開催されます。今年は当研究室から何か出展しようと思います。乞うご期待!

2017.4.13~5.31
手が回らず更新していなかったので,まとめて更新します。4/18に高知高専秦先生ら,5/11に京大生存圏の上田先生ら,5/29にミネルバライトラボの松村先生らとディスカッションしました。4/19にセラ協関西支部のセミナー,4/25にニューセラミックス懇話会のセミナーに出席しました。

2017.4.29
金子君の論文がNew Journal of Glass and Ceramics誌に掲載決定しました。S. Kaneko, Y. Tokuda*, H. Masai, “Additive effects of rare-earth ions in sodium aluminoborate glasse using 23Na and 27Al magic angle spinning nuclear magnetic resonance”
アルミニウムケイ酸塩ガラスの構造と物性について詳細に調べたました。強磁場NMRならではの結果が得られましたと思います。オープンアクセスの論文です。

2017.4.12
今日の講義では,流行りのアクティブラーニングを意識して,双方向型講義を試みました。

2017.4.1
滋賀大学に赴任して1年が経ちました。去年の今頃のことを思いだしていました。また昨年度は色々と慣れないこともあり,周りの方々には大変にご迷惑をお掛けしたと思います。
今年は公私ともにエフォートをさいて頑張らないといけないことがあります。健康に留意しつつ,「楽しく」をモットーに精進していこうと思います。

2017.3.29
東京大学農学生命科学研究科の濱本昌一郎先生のご厚意で微粒子の評価(原子間力顕微鏡とMEMSを融合させた装置)をさせて頂きました。気泡と固形物の分離ができる素晴らしい装置でした。
その後,同研究科の大下誠一先生のご退職のお祝いの会に参加させて頂きました。ご退職前のお忙しい時期にも関わらずメンバーに加えて頂き,大変に感動致しました。
IMG_0683

2017.3.9
KIFEE(日本とノルウェーの互恵的発展を意図した学会)に参加しました。高等教育におけるアクティブラーニングのアイディアが見つかったことが非常に良かったと思います。無機材料に関する種々の情報も大変勉強になりました。

また,明治期の科学技術の発展について多くの情報を得ることができました。総じて非常に有意義な学会でした。

写真

2017.3.4
滋賀大学の化学研究室のOB会であるフラスコ会にて話題提供してきました。ガラスの構造解析,有機無機ハイブリッド,除染,微細気泡と様々な話題を取り上げました。
直前に資料を色々と差し替えたため(←言い訳)お聞き苦しい所が多々あったと思います。申し訳ありませんでした!

2017.2.23
生存圏シンポジウムに関連した会議において様々な研究者と討議を行いました。新しい研究の芽生えを感じました。

2017.23
プライベートな内容ですが・・・古巣が紹介されていました!

2017.2.8
理研の追いコンがありました。先だっての修論,卒論発表会お疲れ様でした。厳しい追求もしましたが,成長を願ってのことですので,ご容赦を!追いコンでは色々な話ができて楽しかったです。

image

(相変わらず肖像権を無視してますが・・・)

2017.2.7
研究室の顔合わせと新歓を行いました(写真を撮り忘れました)。楽しく研究していければと思っています。イベントも決まりました。来年の宇治川マラソンに参加します。まずは10kmかな。

2017.2.6
研究室のセミナーで何を輪読しようか悩んでいました。やはり始めに相応しく,名著がいいだろうということで,
Principles of Instrumental Analysis, D . A. Skoog
・「量子論」小出昭一郎
にします(勝手に決めた)。
前者は,私が学生時代に機器分析を始めて習ったときの教科書(の新しい版)です。クロマトグラフィーに感心した記憶があります。後者は「量子力学I,II」の導入として書かれた書籍です。「量子力学I,II」はかなり読み込みました。本当に良い本です。次のタームには是非これを読みたいです。

2016.12.16
研究室の第一期生となる新三回生の配属が決定しました!諸君が格段に成長し,社会に大きく貢献できるようになることを楽しみにしています。共同研究者としても一緒に科学を発展させていきましょう!

「自己を尊重せよ 真理を探究せよ 社会に献身せよ」

好きな言葉です。まさに上に書いたことをを表していると思います。諸君にこの言葉を贈ります。

2016.12.24
実用ガラスの組成に近いホウケイ酸塩ガラスにおけるアルカリ金属イオンの局所構造解析を詳細に行った研究が学会誌に掲載されました。化学的耐久性やイオン伝導などを理解するのに役立つ結果が得られました。京都大学化学研究所・生存圏研究所との共同研究の成果です。
“Structural analysis of mixed alkali borosilicate glasses containing Cs+ and Na+ using strong magnetic field magic angle spinning nuclear magnetic resonance”, S. Kaneko,
Y. Tokuda, Y. Takahashi, H. Masai, Y. Ueda, J. Asian Ceram. Soc. in press.  10.1016/j.jascer.2016.11.001

2016.12.22
研究に役立つ情報を散逸させないようリンク集を整備しました。実に多くの先達のおかげで研究が成り立っていることがわかります。感謝!

2016.12.20
京都大学生存圏研究所の上田義勝先生と微細気泡利用に関するディスカッションを行いました(他のタイミングにも行っていますが)。計測技術に関して興味深い知見を得ることができました。

2016.12.18
(雑感)マルチタスク
•同時に2つ以上の作業ができることをコンピュータ用語でマルチタスクといいます。メールを打ちながら,わからない漢字をネットで調べる。その昔,一つの作業しかできないシングルタスクが普通でした。便利な世の中になりました。
•さて,人間の世界でも同じで同時に二つ以上の作業ができる人と,一つ一つ終わらせないと次に進めない人がいます。良し悪しではありません。個性です。かくいう私もシングルタスク人間でした。
•つい最近「どの仕事をどの順番にバラバラにやっても,最終的なトータルの時間は同じだ」と気づきました。結果,ゴチャゴチャに作業できるようになりました。
•コンピュータのマルチタスクとは。メモリに作業内容を記録しておいて,CPU(計算処理をする素子)を次々と切り替えて,さも同時に作業しているように見せかけるそうです。作業の内容を覚えておく。これが極意でした。

2016.12.13
大阪府立大学の高橋雅英先生と有機・無機ハイブリッド材料関連のディスカッションを行いました。非常に刺激を得ることができ,初心を思い出しました。また一兵卒として頑張ろうと思います。

2016.12.12
量子化学計算プログラムGaussian 09を利用したいと思って色々と調べていましたが,京大の大型計算機センターで利用可能だということがわかり,一度試してみました。スパコンの進化には目を見張るものがあり,以前であれば数日かかっていたような計算がわずかな時間で計算できそうです。素晴らしい!
非常に詳しく設定方法が説明されているのですが,全くの利用経験が無いと利用は難しいかも,ということで手順をまとめてみました。

molecule

2016.12.9
日本セラミックス協会関西支部のH28年度支部セミナーが無事終了しました。幅広い分野からのご講演を頂き,まさにここでしか聞けないような豪華な講師陣によるセミナーとだったと思います。とてもエネルギッシュな講演でした。ご講演頂きました先生方,改めまして有り難うございました。また,ホールを使用させて頂き,青井先生を始めとする龍谷大学の関係各位にお礼申し上げます。

写真

 

2016.12.2
高分子学会のNMR研究会に招待講演者として声をかけて頂きました。期待に添えるよう準備しているところです!固体NMRに関する様々な話題が提供されます。こちらも興味のある方は是非ともご連絡下さい(学生さんも歓迎しますので是非に!)

当日は多核NMRに関する話題提供があり,私自身が非常に参考となるセミナーでした。私はアルカリ金属元素のNMRについての話題提供を行いました。こんな変な核でも構造解析できるのかと思って頂けたなら幸いです。お世話頂きました積水化学の関係の皆様にお礼申し上げます。

nmr

2016.11.24
EXAFSを用いて粘土鉱物に吸着したセシウムの構造評価を行った研究成果が,放射光施設SPring-8の利用研究成果集に掲載されることが決定しました。粘土鉱物によって吸着サイトが異なることや,洗浄に伴う変化の観察に成功しました。
「非界面活性剤系洗浄剤のセシウム除去メカニズム」徳田陽明,上田義勝,後藤裕

2016.11.16
日本セラミックス協会関西支部H28年度セミナーの世話人を仰せつかっています。会場として使わせて頂く龍谷大学響都ホール様にて進行の打ち合わせを行いました。セミナーに興味のある方は是非ともご連絡下さい(学生さんも歓迎しますので遠慮無く)

2016.11.15
ホウケイ酸塩ガラス中のアルカリ金属イオンを強地場NMRで構造解析した論文の掲載が決定しました。実用ガラスを長持ちさせるのに役立つ研究です。ホウ酸塩ガラスとケイ酸塩ガラスの物性の違いも示唆する興味深い結果が得られました。いわばライフワークとしている研究です。これからも続けていきますので,乞うご期待を。
“Structural analysis of mixed alkali borosilicate glasses containing Cs+ and Na+ using strong magnetic field nuclear magnetic resonance”, S. Kaneko, Y. Tokuda, Y. Takahashi, H. Masai, and Y. Ueda, accepted for publication, J. Asian Ceram. Soc.

2016.11.11
学生時代から教員時代にかけて20年余りをお世話になった京都大学化学研究所の90周年記念行事に列席してきました。歴史の重み感じるともに,そこで学んだことを社会に還元せねばと,改めて身の引き締まる思いがしました。

1

2016.11.10
ワルシャワ大学のスタニスラフ先生と京都大学の上田先生が研究室を遠路訪問して下さいました。ポーランドのお土産に珍しいチョコ(ウェハースの表面にチョコがかかっているそうです)を頂きました。有り難うございます!

写真IMAG2029

2016.10.22~23,29
科学の祭典滋賀大会が彦根と大津にて計3日間にわたって開催されました。3000名弱の来訪者があったそうです(記憶があいまいです)。科学の面白さを感じてもらえたと思います。
次回は研究室から何か面白いブースを出展します(該当者はよろしく!)

PA230134DSC_1401

2016.10.19
ポーランド国から来日されているスタニスラフ先生とディスカッションしました。PM(PM2.5で有名になった環境汚染物質)について色々と教えて頂きました。有害物の除去のために部屋に観葉植物を置くといいそうです。

写真

2016.10.3
新学期が始まりました。新しく受け持つ講義について色々と工夫していきたいと思っています。

2016.9.26~30
大型放射光施設SPring-8において放射光を使った実験をしました。有意義な結果が得られたように思います(その一方で研究の難しさ=面白さも再認識しました)。多くの方のお力添えがあって実験が可能となりました。誠に有り難うございました。

2016.9.23
滋賀大学付属中学の1年生諸君が大学訪問学習に来てくれました。ガラス全般の講義,ガラスを熔かす体験,着色についての講義を行いました。わずかな時間にも関わらず,内容を詰め込みすぎた感があります。その中のわずか1%でも記憶に残ってくれたなら,開講した甲斐があります。
色々なことに興味を持っていると,ひょんなことから答えが見つかることがあります。何にでも興味を持ち続けてたくさんの知識を身につけて欲しいと思います。

IMG_1815IMG_1845

2016.9.9
今日は重陽の節句です。陽が重なると書いて重陽。陽に関する人にとって,とてもおめでたい日です。またの名を菊の節句。
そんな日に特定化学物質等使用者専門委員会に出席してきました。市販の化学薬品のデータベースを入手できる(自分で一つずつ入力しなくてよい)という有益な情報を入手しました。

2016.9.5
青少年のための科学の祭典・滋賀大会が10月下旬に大津と彦根で開催されます。科学に関連した面白い演示がありますので,ご参加下さい。詳細な情報はこちら
(縁あって実行委員に加えて頂いています)

2016.9.5
日本セラミックス協会関西支部セミナーが12/8に京都で開催されます。セラミックスに関連した様々な話題提供が行われます。興味のある方は,参加申し込み会告をご確認下さい。

2016.8.26
ニューセラミックス懇話会で行われた第223回研究会に出席しました。セラミックスの切削技術の基礎や,研磨剤,ダイアモンド工具に関する発表がありました。

2016.8.22
東京大学で行われた第二回微細気泡研究会に出席しました。微細な気泡(ファインバブル)が水に含まれると,色々な面白い特性が現れます。興味深い話題の提供を頂き,討論を行いました。

P_20160822_123258NB2

2016.8.6
キンカ京都化学者クラブにて招待講演を行いました。タイトルは,「福島原発事故後の除染活動と復興支援に関する研究」というものです。放射性セシウムをファインバブルやケイ酸ナトリウムにより除染する話題と,農作物への移行低減の試みに関する話題提供を行いました。

IMG_0732

2016.7.30
滋賀大学教育学部のオープンキャンパスが開催されました。多くの高校生が見学に来てくれました。ガラスの熔ける様子をデモし,研究の概要や科学とは何かということについて解説しました。
案内のお世話をしてくれた2回生の皆さん有り難うございます。

2016.7.29
日本セラミックス協会関西支部学術講演会に出席し,無機化学材料全般に関する情報収集や討議を行いました。

2016.7.26
ウェブサイトを公開しました。多くの方のご協力で公開にたどり着きました。有り難うございます。ゆっくりとですが,コンテンツを増やしていきます。

2016.6.7
ニューセラミックス懇話会の理事に就任致しました。

2016.4.1
滋賀大学教育学部理科教育講座の准教授を拝命しました。一日も早く新しい環境になじみ,教育・研究に励みます。

物理無機化学研究室